ARTURAS BUMSTEINAS / Bad Weather Long Play (LP)

  • ARTURAS BUMSTEINAS / Bad Weather Long Play (LP)
Label (cat no.)
Edition Telemark (903.02)
在庫状況
OutOfStock

ARTURAS BUMSTEINAS による劇場用ノイズ・マシンを使用した作品『Bad Weather Long Play』。

Arturas Bumšteinas の『Bad Weather Long Play』。本作は、バロック・シアターの劇場用ノイズマシンを再構築するプロジェクトに携わっているグループによるサウンドアートのパフォーマンスの、公演、リハーサル、サウンドチェックなどからコラージュされアルバム化された作品です。

このプロジェクトの始まりは、2017年にリトアニアのアーティスト Arturas Bumšteinas が劇場の大工 Ernestas Volodzka と協力して、風、雨、海、雷の模倣装置を再現したことからです。そして、2008年に設立された複数の学問、多様な芸術が関わるコラボレーションを通じて、劇場の新たな創造とプロモーションに特化したプロダクションである OPEROMANIJA の委託により「Bad Weather」は制作されたました。

バロック時代、ノイズマシンは舞台の幻影のごく舞台裏に潜み、観客には見えませんでした。一方、「Bad Weather」では、それらはスポットライトを浴びて、コンセプチュアルな気象生成者となります。スコアとして機能する様々な世紀の気象マップ、チャートに合わせてマシンが演奏されアンサンブルを奏でます。

本作『Bad Weather Long Play』は、2017年から2019年までのさまざまな録音デバイスで記録された、プロジェクトに関連するパフォーマンス、リハーサル、サウンドチェックおよびその他イベントのサウンド・マテリアルからコラージュされたアルバムとなります。通常の音楽LPにあるA、Bのようなサイド分けはされていませんので、任意の流れで再生してくださいとのこと。

プロジェクトのさまざまな段階の写真と Salome Voegelin によるライナーノーツを含む、印刷されたインナースリーブと、Ivan Cheng の台本が再現されてた8ページの小冊子が付きます。

Arturas Bumšteinas (1982年 リトアニア・ビルニュス生れ)
音、音楽、芸術の交錯する地点で活動するアーティストです。彼の実践には、パフォーマンスサウンドアート、ラジオアート、展示、実験的なアコースティックおよび電子音楽が含まれます。Refusenik 名義でも Bôłt レーベルなどから音楽作品を発表しています。

Direction, mixing and composition - Arturas Bumšteinas

Theather weather noise machines performed by - Ivan Cheng, Gailė Griciūtė, Greta Grinevičiūtė, Alanas Gurinas, Aaron Kahn, Paulius Markevičius, Rūta Junevičiūtė.

Libretto - Ivan Cheng
Live sound processing – Antanas Dombrovskij
Live sound design – Ignas Juzokas
Light design – Julius Kuršis
LP design – Alexander Meyer
Liner notes - Salome Voegelin
LP Mastering – Arūnas Zujus



Tracklist
some side. Bad Weather Long Play 23:43
other side. Bad Weather Long Play 19:16

【納品書・領収書】ペーパーレスの目的から「納品書」「領収書」は発行していません。ご希望のお客様は注文時に備考欄へ「納品書希望」、「領収書希望」とご記入下さい。手書き領収書は発行していません。

【不良品について】使用前の明らかな盤面のキズのみ不良品と判断させていただきます。返品対応のみで交換は行っていません。

Related Items | 関連商品

  • THE OVAL LANGUAGE / Waldkonzerte (2LP)

    THE OVAL LANGUAGE / Waldkonzerte (2LP)

    Edition Telemark からは2作品目となるアルバム『Waldkonzerte』。今作は2016年6月から11月にかけて、森の渓谷で声を自然に統合させようと試み録音されたもので、季節の経過とそれに伴う音響の変化なども同時に記録されています。

  • PAUL PANHUYSEN / Long String Installations (3LP)

    PAUL PANHUYSEN / Long String Installations (3LP)

    オランダのサウンド、ヴィジュアル・アーティスト Paul Panhuysen (1934-2015) による、長い弦を張り巡らしたインスタレーション作品の音源を3枚のヴァイナルに収録。1982年から2012年の間に作られた未発表の録音のみを収録。250部限定。

  • WILLIAM ENGELEN / 32 bpm (LP)

    WILLIAM ENGELEN / 32 bpm (LP)

    Edition Telemark からは2作目となる『32 bpm』。マンスハイム美術館で2019年夏に行われた展覧会のために録音されたもの。2016年にリリースされた「Partitur Belval」に収録されていた作品のスローダウン・ヴァージョン。

Pick Up Item

  • RENALDO & THE LOAF / Play Struve & Sneff (40th Anniversary Edition) (Cassette)

    RENALDO & THE LOAF / Play Struve & Sneff (40th Anniversary Edition) (Cassette)

    RENALDO & THE LOAF の1979年に発表したデビュー作が、コピーによる画像からタイプライター印字のラベルに至るまで再現し、サイン、ナンバリング付きプロモーションカードと36ページの小冊子が付属した豪華な内容で200部限定カセットテープ再発。

  • WE LIKE WE & JACOB KIRKEGAARD / Time Is Local (LP)

    WE LIKE WE & JACOB KIRKEGAARD / Time Is Local (LP)

    Sonic Pieces からファーストをリリースした WE LIKE WE と、サウンド・アーティスト JACOB KIRKEGAARD が、コペンハーゲン「トーヴァルセン美術館」で12時間に渡り行われたライヴ・パフォーマンスとサウンド・インスタレーションの記録。

  • GRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZA / Niente (LP)

    GRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZA / Niente (LP)

    「The Feed-back」の続編として録音された作品『Niente』がヴァイナル再発。前衛的な即興とクラウトロックの影響を受けた狂気のアマルガムは、その後のアシッド・ジャズを数十年先取りしていたようなビート感覚を持った伝説的アルバム。

  • PETER CUSACK / Aral Sea Stories And The River Naryn (LP)

    PETER CUSACK / Aral Sea Stories And The River Naryn (LP)

    PETER CUSACK がカザフスタンとウズベキスタンに跨り環境破壊が進むアラル海に3回、そしてキルギスのナリン川に1回旅し、環境とその地域の人々を調査するためにフィールド録音を行い写真撮影を重ねた結果が本作品です。

  • WILLIAM ENGELEN / 32 bpm (LP)

    WILLIAM ENGELEN / 32 bpm (LP)

    Edition Telemark からは2作目となる『32 bpm』。マンスハイム美術館で2019年夏に行われた展覧会のために録音されたもの。2016年にリリースされた「Partitur Belval」に収録されていた作品のスローダウン・ヴァージョン。

  • MIAUX / Black Space, White Cloud (LP)

    MIAUX / Black Space, White Cloud (LP)

    MIAUX のサード・アルバム『Black Space, White Cloud』。今作でも憂いを帯びたキーボードが穏やかに響き渡るニューエイジなサウンド。カシオキーボードを両手で弾くだけのシンプルな演奏なのですが、なぜか深く深く胸を打ちます。