カート
ユーザー
絞り込む
FORMAT
CATEGORY
INFORMATION
RICHARD LANDRY / 4 Cuts Placed In ''A First Quarter'' (LP)
Philip Glass Ensemble のメンバーでもあった RICHARD LANDRY が、コンセプチュアル・アート作家 Lawrence Weiner の映像作品のために作り上げたサントラ『4 Cuts Placed In ''A First Quarter''』がヴァイナル再発。

RICHARD LANDRY / 4 Cuts Placed In ''A First Quarter'' (LP)

3,850円
24 ポイント還元
InStock
購入数

Unseen Worlds (UW053)
RICHARD LANDRY / 4 Cuts Placed In ''A First Quarter'' (LP)

RICHARD LANDRY (Dickie Landry) が、コンセプチュアル・アートの重要な作家 Lawrence Weiner の映像作品のために作り上げたサウンドトラック『4 Cuts Placed In ''A First Quarter''』がヴァイナル再発。

RICHARD LANDRY (Dickie Landry) の『4 Cuts Placed In ''A First Quarter''』がヴァイナル再発。1969年に作曲家フィリップ・グラスのグループ「Philip Glass Ensemble」に加わった、サックス奏者兼キーボーディストの Richard ''Dickie'' Landry が、コンセプチュアル・アートの重要な作家 Lawrence Weiner (1942年2月-2021年12月) の映像作品「A First Quarter」のために作り上げたサウンドトラック。1972年の録音。本作は「Solos」のコンパニオン作品でもあります。

既に「A First Quarter」の制作に着手していた Lawrence Weiner は、ソーホーのウェスト・ブロードウェイにある60年代から70年代にかけての現代美術を代表する画廊であったレオ・カステリ・ギャラリーで RICHARD LANDRY と出会い音楽を依頼。

このセットには、RICHARD LANDRY とコントラバス奏者の Rusty Gilder によるソロ、RICHARD LANDRY と Richard Peck によるテナー・サックスのデュオ、RICHARD LANDRY、Richard Peck、Rusty Gilder、トランペッターの Robert Prado、ドラマーの David Lee によるアンサンブルで構成されています。 Gil Evans の長く穏やかなトーンにインスパイアされた「Requiem for Some」からこのアルバムは始まります。



Tracklist
A1. Requiem For Some 5:30
Alto Flute, Tenor Saxophone - Richard Landry
Bass - Rusty Gilder
Drums - David Lee
Tenor Saxophone - Richard Peck
Trumpet - Robert Prado
A2. 4th Register 19:50
Tenor Saxophone - Richard Landry
B1. Piece For So 12:16
Bass - Rusty Gilder
B2. Vivace Duo 9:26
Tenor Saxophone - Richard Landry, Richard Peck
| 納品書・領収書 | ペーパーレスの目的から「納品書」は発行していません。領収書を希望のお客様は注文時に「領収書希望」項目にチェックを入れて下さい。手書き領収書は発行していません。
| 不良品について | 再生に影響のある使用前の明らかな盤面キズのみ不良品となります。中古盤は原則、返品対象外。輸入盤は流通過程においてジャケット破損などが多少生じることもあります。ご了承ください。詳細
この商品を購入する

Related Items