カート
ユーザー
絞り込む
FORMAT
CATEGORY
INFORMATION
RICHARD LANDRY / Solos (2LP)
ソーホーのウェスト・ブロードウェイにある60年代から70年代にかけての現代美術を代表する画廊レオ・カステリ・ギャラリーに、RICHARD LANDRY をはじめとするミュージシャンが集い1972年2月に行われた即興コンサートの記録『Solos』がヴァイナル再発。

RICHARD LANDRY / Solos (2LP)

5,450円
40 ポイント還元
InStock
購入数

Unseen Worlds (UW052)
RICHARD LANDRY / Solos (2LP)

1972年にレオ・カステリ・ギャラリーで行われた、RICHARD LANDRY などによる5時間に及ぶコンサートから2枚のヴァイナルに記録された『Solos』が初めての再発。

RICHARD LANDRY の『Solos』。ソーホーのウェスト・ブロードウェイにある60年代から70年代にかけての現代美術を代表する画廊であったレオ・カステリ・ギャラリーに、RICHARD LANDRY をはじめとするルイジアナ育ちのミュージシャンが集い1972年2月19日に行われた即興コンサートの記録。この日の演奏は5時間以上に及びました。

John Coltrane、Ornette Coleman、Albert Ayler などに緩やかにインスパイアされた、集団即興演奏と嵐の如きバックビートから生まれた怒涛のフリー・ジャズ・アンサンブル。

1969年に作曲家フィリップ・グラスのグループ「Philip Glass Ensemble」に加わった、サックス奏者兼キーボーディストの Richard ''Dickie'' Landry が事実上のリーダーで、Philip Glass のリード奏者である Jon Smith と Richard Peck が、Rusty Gilder と Robert Prado と共に参加し、ベース (アップライトとエレクトリック) とトランペットを担当し、アルトサックス奏者の Allan Brafman をセッションに連れてきたニューオーリンズの David Lee がドラムを担当。

この初めてのリイシューは、オリジナル・マスターテープからリマスターされ、当時の写真と Clifford Allen による新しいライナー・ノーツを含むゲートフォールド・ジャケットの2LPとしてリリースされ、ダウンロード・コードに含まれるデジタル エディションには 30分のボーナス・マテリアルが追加されています。

Alto Saxophone - Allan Brafman
Cover - Tina Girouard
Drums - David Lee
Tenor Saxophone - Jon Smith, Richard Peck
Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Electric Piano - Richard Landry
Trumpet, Bass - Robert Prado, Rusty Gilder



Tracklist
A. Solos 17:52 / B. Solos 19:19
C. Solos 17:19 / D. Solos 17:47
| 納品書・領収書 | ペーパーレスの目的から「納品書」は発行していません。領収書を希望のお客様は注文時に「領収書希望」項目にチェックを入れて下さい。手書き領収書は発行していません。
| 不良品について | 再生に影響のある使用前の明らかな盤面キズのみ不良品となります。中古盤は原則、返品対象外。輸入盤は流通過程においてジャケット破損などが多少生じることもあります。ご了承ください。詳細
この商品を購入する

Related Items