カート
ユーザー
絞り込む
FORMAT
CATEGORY
INFORMATION
JULIUS EASTMAN / Three Extended Pieces For Four Pianos (2CD)
アメリカンドリームの嘘と偏見の社会で、即興で固定観念を揺り動かした作曲家 JULIUS EASTMAN の、「The Nigger Series」と呼ばれる4台のピアノのための3作品を、ヨーロッパの偉大な演奏家4人をフィーチャーし録音された2枚組CD。全力で蘇らせた素晴らしい録音。

JULIUS EASTMAN / Three Extended Pieces For Four Pianos (2CD)

2,790円
20 ポイント還元
InStock
購入数

Sub Rosa (SR503)
JULIUS EASTMAN / Three Extended Pieces For Four Pianos (2CD)

JULIUS EASTMAN の重要作「The Nigger Series」3作品を収録した2枚組CD『Three Extended Pieces For Four Pianos』。

JULIUS EASTMAN の『Three Extended Pieces For Four Pianos』。JULIUS EASTMAN の「The Nigger Series」と呼ばれる、4台のピアノのために作曲された重要な3作品を、ヨーロッパの偉大な演奏家 Melaine Dalibert、Nicolas Horvath、Stephane Ginsburgh、Wilhem Latchoumia の4人をフィーチャーし録音された2枚組CD。その4名がフルパワーで蘇らせた素晴らしい録音です。

アフリカ系アメリカ人で、同性愛者でもあった JULIUS EASTMAN (1940-1990) は、アメリカンドリームの嘘と偏見の社会で、即興で固定観念を揺り動かしたアンダーグラウンドの作曲家です。

本作は、JULIUS EASTMAN が「Nigger Series」と呼んだ3作品「Crazy Nigger」、「Evil Nigger」、「Gay Guerrilla」を収録したCD2枚組。JULIUS EASTMAN 作品の中でも最もスリリングで物議を醸す作品です。1970年代と80年代にとってとても重要であるが、抑圧されることを拒んだがために注視されることもなく録音の機会も与えられなかった作曲家の、重要作品を蘇らせた注目のリリース。

40年前の歴史的な録音は、New World Records から2005年に3枚組CDで、Blume レーベルから2018年に2枚組ヴァイナルでリリースされています。

Piano - Melaine Dalibert, Nicolas Horvath, Stephane Ginsburgh, Wilhem Latchoumia
Live recording on September 28, 2019 at Festival Musica in Strasbourg (France)

Track Listing:
1-1. Evil Nigger 20:55

1-2. Gay Guerilla 30:12

2-1. Crazy Nigger 55:49
| 納品書・領収書 | ペーパーレスの目的から「納品書」は発行していません。領収書を希望のお客様は注文時に「領収書希望」項目にチェックを入れて下さい。手書きの領収書は発行していません。
| 不良品について | 新品商品の場合、使用前の明らかな盤面のキズのみ不良品と判断させていただきます。返品対応のみで交換は行っていません。中古品は基本、返品対象外となります。
この商品を購入する

Related Items