EMBUDAGON / Requiem For Errors (CDr)

  • EMBUDAGON / Requiem For Errors (CDr)
Label (cat no.)
Post-Materialization Music (none)
在庫状況
InStock
Price (inc.tax)
1,527円

EMBUDAGON の "Requiem For Errors "。

Nobu Kasahara (瘡原亘) がロシアの Monopolka より2001年に限定23部でリリースした、"Therrorpy Seishim Bunsek" に収録されていた "Requiem For Errors" のみを収録したCDr。

Tracklist - Requiem For Errors 23:06

【納品書・領収書】ペーパーレスの目的から「納品書」「領収書」は発行しておりません。ご希望のお客様は注文時に備考欄へ「納品書希望」、「領収書希望」とお書き添え下さい。手書き領収書は発行していません。

【不良品について】使用前の明らかな盤面のキズのみ不良品と判断させていただきます。返品対応のみで交換は行っていません。

Related Item | 関連商品

Pick Up Item

  • JEROME NOETINGER and ANTHONY PATERAS / A Sunset for Walter (LP)

    JEROME NOETINGER and ANTHONY PATERAS / A Sunset for Walter (LP)

    Walter Marchetti への緩やかなトリビュート。3時間に及ぶライブから4つのパートを抜粋したものです。Anthony Pateras のピアノ、そして Jérôme Noetinger によるテープ・マニュピレートにより構築されたミュージック・コンクレート作品。

  • PAN SONIC & CHARLEMAGNE PALESTINE / Mort Aux Vaches (2LP)

    PAN SONIC & CHARLEMAGNE PALESTINE / Mort Aux Vaches (2LP)

    Staalplaat がオランダの放送会社より委託されリリースしていた『Mort Aux Vaches』シリーズとして2000年にCDで発表された、PAN SONIC と CHARLEMAGNE PALESTINE によるコラボレート作品が、リマスターされて初のヴァイナル化。

  • CARLOS CASAS / Mutia (2LP/3LP/3LP Test Press Ed.)

    CARLOS CASAS / Mutia (2LP/3LP/3LP Test Press Ed.)

    CARLOS CASAS による4作目となるアルバム『Mutia』。傑作。フィールド・レコーディング、ラジオ・フリークエンシーで構成された幻想的サウンド・スケープを創り上げていて、Discrepant からの前作を遥かに凌ぐ傑作となっています。

  • SANTOS SILVA, ZETTERBERG & LINDWALL / Hi! Who Are You? (LP)

    SANTOS SILVA, ZETTERBERG & LINDWALL / Hi! Who Are You? (LP)

    SANTOS SILVA、ZETTERBERG、LINDWALL によるトリオ作品。フリージャズと現代音楽の双方に根ざした作曲と即興をコンセプトにしたアプローチに加え、ライヴ・エレクトロニクスを追加し構築された作品。

  • MOOLAH / Woe Ye Demons Possessed (LP)

    MOOLAH / Woe Ye Demons Possessed (LP)

    MOOLAH 唯一のアルバム。ピアノ、キーボード、パーカッション、電子音、具体音、シャーマニックなヴォーカル、ディレイ、テープ逆回転で構成されたコズミックなサイケデリック・アルバム。Steven Stapleton のリストにも載る怪盤。

  • CHARLEMAGNE PALESTINE / DingggDongggDinggg vs. SingggSonggSinggg (LP/LP+7'')

    CHARLEMAGNE PALESTINE / DingggDongggDinggg vs. SingggSonggSinggg (LP/LP+7'')

    反復するカリヨンの鐘の音と、自身のヴォイス・パフォーマンスで創り上げた作品。この録音の数ヶ月前に他界した Mika Vainio に本作は捧げられていて、Mika Vainio を偲び歌っているものもあり、その残響は深く胸に響きます。