カート
FORMAT
CATEGORY
HELIOS / Caesura (LP+DL)
Keith Kenniff による HELIOS 名義でのサード・アルバム『Caesura』がヴァイナル再発。シネマティックなメロディーはそのままに、ゆったりとしたビートを基調に展開される傑作アンビエント・アルバムです。

HELIOS / Caesura (LP+DL)

SOLD OUT
OutOfStock
入荷リクエスト
Unseen Records (UnseenRE005)
HELIOS / Caesura (LP+DL)

HELIOS 名義の傑作アンビエント・アルバム『Caesura』がヴァイナルで再発。

HELIOS のアルバム『Caesura』。Goldmund 名義でも知られる Keith Kenniff が、2008年に Type Recordings からリリースした HELIOS 名義のサード・アルバム『Caesura』がヴァイナル再発。生楽器を多用したデリケートな「Eingya」とは若干趣が異なり、シネマティックなメロディーはそのままに、ゆったりとしたビートを基調に展開される傑作アンビエント・アルバム。インディー・ポップとアンビエント・ミュージックの完璧な出会いを生み出しています。

500枚限定。ダウンロード・コード付き。

HELIOS
本名キース・ケニフ。米ペンジルヴァニアの田舎で生まれ育つ。現在はメイン州在住。ボストンのバークリー音楽大学でパーカッションを学ぶ傍ら、2003年からヘリオス名義での活動を開始。ソロ・ピアノにフォーカスしたモダン・クラシカル路線のゴールドムンドとして、2005年に UK の Type Recordings からデビュー作『Corduroy Road』をリリース。それ以降『The Malady of Elegance』(2008)、『Famous Places』(2010)、『All Will Prosper』(2011)、『Sometimes』(2015) と5枚のアルバムをリリース。ヘリオス、ゴールドムンド以外にも妻ホーリーとのシューゲイズ・ポップ・デュオ、ミント・ジュレップとしても活動し、エレクトロニカ〜ポストクラシカル〜インディーポップシーンなどで絶大な人気を確立する。また、本名名義でもアップル、フェイスブック、グーグルなどのCM音楽も幅広く手掛ける人気音楽家。

Tracklist
1. Hope Valley Hill (2022 Remaster) 5' 24'' / 2. Come With Nothings (2022 Remaster) 5' 08'' / 3. Fourteen Drawings (2022 Remaster) 4' 38'' / 4. Backlight (2022 Remaster) 4' 55'' / 5. The Red Truth (2022 Remaster) 4' 44'' / 6. A Mountain of Ice (2022 Remaster) 4' 30'' / 7. Shoulder to Hand (2022 Remaster) 5' 22'' / 8. Hollie (2022 Remaster) 4' 41''
| 納品書・領収書 | ペーパーレスの目的から「納品書」は発行していません。領収書を希望のお客様は注文時に「領収書希望」項目にチェックを入れて下さい。手書き領収書は発行していません。
| 不良品について | 再生に影響のある使用前の明らかな盤面キズのみ不良品となります。中古盤は原則、返品対象外。輸入盤は流通過程においてジャケット、プラケースなど破損が多少生じることもあります。ご了承下さい。詳細
| デッドストック | シールドのデッドストック品は、開封後クリーニングが必要となる場合もあります。リリースから20年以上経過するものもあります、多少の経年感も予めご了承下さい。

Related Items