GRAEME MILLER & STEVE SHILL / The Moomins (LP/Cassette)

  • GRAEME MILLER & STEVE SHILL / The Moomins (LP/Cassette)
  • GRAEME MILLER & STEVE SHILL / The Moomins (LP/Cassette) - thumbnail
  • GRAEME MILLER & STEVE SHILL / The Moomins (LP/Cassette) - thumbnail
  • GRAEME MILLER & STEVE SHILL / The Moomins (LP/Cassette) - thumbnail
Label (cat no.)
Finders Keepers Records (FKR090LPX / FKRMC009)
在庫状況
OutOfStock
Vinyl LP3,280円
OutOfStock
Cassette2,630円
OutOfStock
Format

GRAEME MILLER & STEVE SHILL によるムーミンのサウンドトラック『The Moomins』。

GRAEME MILLER & STEVE SHILL による『The Moomins』サウンドトラック。日本でもお馴染みフィンランドの作家トーベ・ヤンソン『ムーミン』の1983年にイギリスで放映されていたTVアニメのサウンド・トラック。ホームメイド・エレクトロアコースティック、ニューエイジ、プロトタイプ・テクノ、そんな楽曲が並ぶこのサントラはムーミンの世界をさらに可愛くも不思議な空間へと拡張してくれます。ムーミンと無関係に聴いても素晴らしい作品だと思います。

- ヴァイナルとカセットがあります。フォーマットを選択しカートに入れてください。
- ヴァイナルはクリスマス・スリーヴの限定盤となります。
- カセットはフエルトのような質感の紙に印刷され縫製された特殊ジャケットがメタリック・カラーのケースに収納された限定版。

Track Listing:
Vinyl LP
A1. The Moomins Theme 2:24 / A2. Travelling Theme 2:07 / A3. Hobgoblin’s Hat 1:29 / A4. Leaving Moomin Valley 2:30 / A5. Moomins Partytime 2:00 / A6. Hattyfatteners Row 0:47 / A7. Woodland Band 1:29 / A8. Most Unusual 1:15
B1. Midwinter Rites 2:51 / B2. Piano Waltz 1:31 / B3. Creepers 0:59 / B4. Woodland Band (Far Away) 1:29 / B5. Comet Shadow 4:41 / B6. Comet Theme 1:17 / B7. The Moomins Theme (End Titles) 0:31

Cassette
01. The Moomins Theme 02:24 / 02. Travelling Theme 02:07 / 03. Hobgoblin's Hat 01:29 / 04. Leaving Moomin Valley 02:30 / 05. Partytime 02:00 / 06. Hattyfatteners Row 00:47 / 07. Woodland Band 01:29 / 08. Most Unusual 01:15 / 09. Midwinter Rites 02:51 / 10. Piano Waltz 01:31 / 11. Creepers 00:59 / 12. Woodland Band Far Away 01:29 / 13. Comet Shadow 04:41 / 14. Comet Theme 01:17 / 15. The Moomins Theme (End) 00:31

【納品書・領収書】ペーパーレスの目的から「納品書」「領収書」は発行していません。ご希望のお客様は注文時に備考欄へ「納品書希望」、「領収書希望」とご記入下さい。手書き領収書は発行していません。

【不良品について】使用前の明らかな盤面のキズのみ不良品と判断させていただきます。返品対応のみで交換は行っていません。

Related Items | 関連商品

  • GRAEME MILLER & STEVE SHILL / Woodland Band (Parade) (7 inch)

    GRAEME MILLER & STEVE SHILL / Woodland Band (Parade) (7 inch)

    お馴染み『ムーミン』のサウンド・トラックから『Woodland Band』の拡張ヴァージョンとショート・ヴァージョンを収録した限定7インチ。ノスタルジックで異国情緒あふれるホームメイドなエレクトロアコースティック。ムーミンの世界をさらに可愛くも不思議な異空間へと拡張。

  • BERNARD PARMEGIANI / Rock (LP)

    BERNARD PARMEGIANI / Rock (LP)

    フランス・ミュージック・コンクレート界の巨匠ベルナール・パルメジャーニが、Michel Treguer 監督作品「Rock」のサウンドトラックとして作り上げたもの。TR-808、EMS Synthi AKS、Farfisa organ、Clavinet などをミックスし構築。

  • VISIBLE CLOAKS / Visible Cloaks (LP)

    VISIBLE CLOAKS / Visible Cloaks (LP)

    Visible Cloaks のデビュー・アルバムがアナログ再発。イーノやS・ローチを思わせるアンビエンスに、ガムランなどのエスノなサウンドが融合した、電子音とアコースティック音によるニューエイジ・ミュージック。

Format
Vinyl LP3,280円
OutOfStock
Cassette2,630円
OutOfStock

Pick Up Item

  • RENALDO & THE LOAF / Play Struve & Sneff (40th Anniversary Edition) (Cassette)

    RENALDO & THE LOAF / Play Struve & Sneff (40th Anniversary Edition) (Cassette)

    RENALDO & THE LOAF の1979年に発表したデビュー作が、コピーによる画像からタイプライター印字のラベルに至るまで再現し、サイン、ナンバリング付きプロモーションカードと36ページの小冊子が付属した豪華な内容で200部限定カセットテープ再発。

  • WE LIKE WE & JACOB KIRKEGAARD / Time Is Local (LP)

    WE LIKE WE & JACOB KIRKEGAARD / Time Is Local (LP)

    Sonic Pieces からファーストをリリースした WE LIKE WE と、サウンド・アーティスト JACOB KIRKEGAARD が、コペンハーゲン「トーヴァルセン美術館」で12時間に渡り行われたライヴ・パフォーマンスとサウンド・インスタレーションの記録。

  • GRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZA / Niente (LP)

    GRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZA / Niente (LP)

    「The Feed-back」の続編として録音された作品『Niente』がヴァイナル再発。前衛的な即興とクラウトロックの影響を受けた狂気のアマルガムは、その後のアシッド・ジャズを数十年先取りしていたようなビート感覚を持った伝説的アルバム。

  • PETER CUSACK / Aral Sea Stories And The River Naryn (LP)

    PETER CUSACK / Aral Sea Stories And The River Naryn (LP)

    PETER CUSACK がカザフスタンとウズベキスタンに跨り環境破壊が進むアラル海に3回、そしてキルギスのナリン川に1回旅し、環境とその地域の人々を調査するためにフィールド録音を行い写真撮影を重ねた結果が本作品です。

  • WILLIAM ENGELEN / 32 bpm (LP)

    WILLIAM ENGELEN / 32 bpm (LP)

    Edition Telemark からは2作目となる『32 bpm』。マンスハイム美術館で2019年夏に行われた展覧会のために録音されたもの。2016年にリリースされた「Partitur Belval」に収録されていた作品のスローダウン・ヴァージョン。

  • MIAUX / Black Space, White Cloud (LP)

    MIAUX / Black Space, White Cloud (LP)

    MIAUX のサード・アルバム『Black Space, White Cloud』。今作でも憂いを帯びたキーボードが穏やかに響き渡るニューエイジなサウンド。カシオキーボードを両手で弾くだけのシンプルな演奏なのですが、なぜか深く深く胸を打ちます。