NILS FRAHM / All Melody (CD/2LP)

  • NILS FRAHM / All Melody (CD/2LP)
Label (cat no.)
Erased Tapes Records (AMIP-0126/ERATP106LP)
在庫状況
OutOfStock
CD2,695円
OutOfStock
Vinyl 2LP3,758円
OutOfStock
Format
NILS FRAHM の『All Melody』。ニルス・フラームの約4年振りとなるスタジオ・レコーディングアルバム。スタジオを作るところから始めた壮大な計画は、自分の理想の音を自由に追求し続けた初めての作品。シンセサイザー、ハーモニウム、パイプオルガン、ピアノ、ヴォーカルなど多くの楽器が織りなすエモーショナルなサウンドスケープ。

彼のいままでのアルバムでは物語性を伴うものがいくつかありました。『Felt』(2011年)では、自身の古い寝室内のスタジオで夜遅く録音するとき、隣人への配慮からピアノのハンマーに気を使った事で生まれたに独特のピアノの音、続くアルバム『Screws』(2012年)では、親指を怪我した為に残りの9本の指での演奏を強いられた事で生まれた繊細なタッチのサウンド。彼の制作してきた作品は何かに制限を受けて来たものが多く、思いついた多くのアイデアを自由に形にすることは行って来ませんでした。ベルリンに建築された自分の理想的なスタジオが完成した事で本当の意味での自由な音作りをする環境が整い、そして制作されたアルバム『オール・メロディー』。今までの作品がすべてここに繋がって置く為の準備期間だったのではと思わせるサウンドは、いままで聴き慣れたピアノからシンセサイザー/ハーモニウム/パイプオルガン/竹製の楽器、そして新たに取り入れたヴォーカル。間違いなく彼の今後の音楽活動の分岐点となる最重要作品の完成と言えるでしょう。

- CDと2枚組アナログがあります。フォーマットを選択しご購入下さい。
- CDの日本流通盤にはボーナストラックとして「Harmonium In The Well」のダウンロードコード付き。
- アナログ盤2枚組には10ページのブックレットとダウンロードコード付き。ジャケット写真部分にプリントが貼られた豪華な仕様のジャケット。

Nils Frahm | ニルス・フラーム
1982年生まれ。ドイツ/ベルリンで活動するピアニスト。幼い頃はチャイコフスキー最後の門下生であるNahum Brodskiに師事。 2009年には Peter Broderick がプロデュースした『The Bells』、と友人のクリスマス・プレゼントととして制作した『Wintermusik』をリリース。その後 Efterklamg のレコーディングやツアーに参加。 そして2011年のアルバム『Felt』で GUARDIAN/MOJO /CLASH/DROWNED IN SOUND で高い評価を受け、最も期待される若手ピアニストの一人として注目される。2012年リリースの『Screws』では負傷した親指を使わずゆっくり大事に演奏した作品はピアノ・ファンの枠を越え多くの人に愛される。その後、彼が最も力を入れているグランド・ピアノ+ローズ+アナログシンセというセットでのライブ音源『Spaces』をリリース。そして2015年、著名アーティストが「真夜中に聴きたい音楽」をテーマに選曲、ミックスするコンピレーション「Late Night Tales」にも抜擢される。

# NILS FRAHM の関連作品

Track list :
1. The Whole Universe Wants To Be Touched / 2. Sunson / 3. A Place / 4. My Friend The Forest / 5. Human Range / 6. Forever Changeless / 7. All Melody / 8. #2 / 9. Momentum / 10. Fundamental Values / 11. Kaleidoscope / 12. Harm Hymn

【納品書・領収書】ペーパーレスの目的から「納品書」「領収書」は発行しておりません。ご希望のお客様は注文時に備考欄へ「納品書希望」、「領収書希望」とお書き添え下さい。手書き領収書は発行していません。

【不良品について】使用前の明らかな盤面のキズのみ不良品と判断させていただきます。返品対応のみで交換は行っていません。

Related Item | 関連商品

  • F.S. BLUMM & NILS FRAHM / Tag Eins Tag Zwei (CD/LP)

    F.S. BLUMM & NILS FRAHM / Tag Eins Tag Zwei (CD/LP)

    Sonic Pieces から F.S.Blumm と Nils Frahm のコラボレーショの3作品目『Tag Eins Tag Zwei』。ふたりが語り合うように音が対話する。瑞々しく心地の良い空気に包み込まれる傑作。

  • OTTO A TOTLAND / The Lost (CD/LP)

    OTTO A TOTLAND / The Lost (CD/LP)

    Deaf Center のメンバーとしても知られる Otto A Totland のセカンド・アルバム。愁いとぬくもりを帯びたピアノの響きは、暗闇の片隅に仄かな明かりを照らすよう。

  • NILS FRAHM / Juno Reworked (12 inch)

    NILS FRAHM / Juno Reworked (12 inch)

    2011年に7インチでリリースされた、NILS FRAHM と Peter Broderick とのセッションを録音した2曲に、Luke Abbott と Clark のリミックスを加えた12インチ『Juno Reworked』。

Format
CD2,695円
OutOfStock
Vinyl 2LP3,758円
OutOfStock

Pick Up Item

  • JEROME NOETINGER and ANTHONY PATERAS / A Sunset for Walter (LP)

    JEROME NOETINGER and ANTHONY PATERAS / A Sunset for Walter (LP)

    Walter Marchetti への緩やかなトリビュート。3時間に及ぶライブから4つのパートを抜粋したものです。Anthony Pateras のピアノ、そして Jérôme Noetinger によるテープ・マニュピレートにより構築されたミュージック・コンクレート作品。

  • PAN SONIC & CHARLEMAGNE PALESTINE / Mort Aux Vaches (2LP)

    PAN SONIC & CHARLEMAGNE PALESTINE / Mort Aux Vaches (2LP)

    Staalplaat がオランダの放送会社より委託されリリースしていた『Mort Aux Vaches』シリーズとして2000年にCDで発表された、PAN SONIC と CHARLEMAGNE PALESTINE によるコラボレート作品が、リマスターされて初のヴァイナル化。

  • CARLOS CASAS / Mutia (2LP/3LP/3LP Test Press Ed.)

    CARLOS CASAS / Mutia (2LP/3LP/3LP Test Press Ed.)

    CARLOS CASAS による4作目となるアルバム『Mutia』。傑作。フィールド・レコーディング、ラジオ・フリークエンシーで構成された幻想的サウンド・スケープを創り上げていて、Discrepant からの前作を遥かに凌ぐ傑作となっています。

  • SANTOS SILVA, ZETTERBERG & LINDWALL / Hi! Who Are You? (LP)

    SANTOS SILVA, ZETTERBERG & LINDWALL / Hi! Who Are You? (LP)

    SANTOS SILVA、ZETTERBERG、LINDWALL によるトリオ作品。フリージャズと現代音楽の双方に根ざした作曲と即興をコンセプトにしたアプローチに加え、ライヴ・エレクトロニクスを追加し構築された作品。

  • MOOLAH / Woe Ye Demons Possessed (LP)

    MOOLAH / Woe Ye Demons Possessed (LP)

    MOOLAH 唯一のアルバム。ピアノ、キーボード、パーカッション、電子音、具体音、シャーマニックなヴォーカル、ディレイ、テープ逆回転で構成されたコズミックなサイケデリック・アルバム。Steven Stapleton のリストにも載る怪盤。

  • CHARLEMAGNE PALESTINE / DingggDongggDinggg vs. SingggSonggSinggg (LP/LP+7'')

    CHARLEMAGNE PALESTINE / DingggDongggDinggg vs. SingggSonggSinggg (LP/LP+7'')

    反復するカリヨンの鐘の音と、自身のヴォイス・パフォーマンスで創り上げた作品。この録音の数ヶ月前に他界した Mika Vainio に本作は捧げられていて、Mika Vainio を偲び歌っているものもあり、その残響は深く胸に響きます。