カート
ユーザー
絞り込む
FORMAT
CATEGORY
INFORMATION
LARAAJI の2016年にロンドンで行なったライヴ音源『Vision Songs LIVE!』。1984年に発表されたニューエイジとゴスペルが出会ったクロスオーバーな作品「Vision Songs」を進化させた即興演奏の記録です。

LARAAJI / Vision Songs LIVE! (Cassette)

SOLD OUT
OutOfStock

お取り寄せ対象外

CGB (CGB-001)
LARAAJI / Vision Songs LIVE! (Cassette)
SOLD OUT
LARAAJI の『Vision Songs LIVE!』。Brian Eno の「AMBIENT」シリーズの第3弾に起用されて以降、桃源郷ニューエイジ / アンビエントの重要作家のひとりとして活動を続ける LARAAJI の、2016年にロンドンで行なったライヴ音源がカセットテープでリリース。1984年に発表されたニューエイジとゴスペルが出会ったクロスオーバーな作品「Vision Songs」を進化させた即興演奏の記録です。

His utterly distinctive, captivating cross-fertilisation of New Age and Gospel Soul, unfurled in a live, hour-and-a-half improvised session, recorded in London last year. The 1984 work Vision Songs Vol. 1 — ‘devotional and inspirational songs’, Laraaji calls them — in its entirety, including the underground favourite All Of A Sudden.

LARAAJI (ララージ)
本名は Edward Larry Gordon、1943年生まれのアメリカ人。ツィターによる瞑想的な演奏とともに、ニューエイジ / アンビエント音楽の生ける伝説として知られる。Laraaji を有名にしたのは Brian Eno のアンビエント・シリーズに起用されたことである。70年代はじめのこと、ワシントン・スクエア公園で演奏していた Laraaji を見かけた Eno が声をかけたことで、1980年の名盤『Ambient 3: Day of Radiance』が生まれた。そのほか代表作に、この世のものとは思えなく美しい弦の反復をくりかえす『Celestial Vibration』、ツィターによる淡いドローンが天空に描かれるオーロラのような『Essence / Universe』、大胆なボーカルとともに深く拡張していくAudio Activeとのダブ作『The Way Out Is The Way In』がある。近年は All Saints からの新作に加え、Blues Control (RVNG Intl.より) や Sun Araw とのコラボレーション、また Leaving Records からの発掘音源など、新旧どのリリースも名作と呼べる高いクオリティを保っています。笑い瞑想のワークショップも行っている。

# LARAAJI の関連作品

Track List
01. Laws Of Manifestation / 02. Intuition part 1 / 03. Intuition part 2 / 04. Celestial Whole / 05. Cosmic Joe / 06. Little Light Of Mine / 07. All Of A Sudden
| 納品書・領収書 | ペーパーレスの目的から「納品書」は発行していません。領収書を希望のお客様は注文時に「領収書希望」項目にチェックを入れて下さい。手書きの領収書は発行していません。
| 不良品について | 新品商品の場合、使用前の明らかな盤面のキズのみ不良品と判断させていただきます。返品対応のみで交換は行っていません。中古品は基本、返品対象外となります。

Related Items