特集!大竹伸朗・JUKE/19 – PUZZLE PUNKS

美術家・大竹伸朗が’80年代に結成した伝説のバンド・JUKE/19 と PUZZLE PUNKS を特集!

特集!大竹伸朗・JUKE/19 とパズル・パンクス。東京国立近代美術館で「全景展」以来の大規模な個展 (2022.11.1 – 2023.2.5) が開催された美術家・大竹伸朗が80年代に結成した伝説のバンド・JUKE/19。日本のアヴァン・ミュージック史上最重要とも言える、NO WAVE からインダストリアル・ノイズまで越境する伝説のバンド『JUKE/19』音源がヴァイナル再発 (初) され、∈Y∋ (BOREDOMS) とのユニット PUZZLE PUNKS の新作が16年ぶりにリリースされました。

この機会にぜひご堪能ください。19/JUKE のヴァイナル再発は、全て特殊ジャケット仕様となっていまして、オリジナルや CD ボックスを持っている人も絶対に見逃すことができない素晴らしい再発となっています。

JUKE/19

JUKE/19

大竹伸朗が美術家としてのキャリアをスタートする以前の音楽ユニット。ブライアン・イーノがプロデュースしたコンピレーション「No New York」に、最も早くヴィヴィッドに反応し作品を作り上げた稀有なバンドで、その後のボアダムスなどにも圧倒的に先駆け、既成の音楽のセオリーやフォーマットを破壊、回避、再構築した、非音楽・非楽曲を標榜した音は現在の耳で聴いても衝撃です。

1979年から1982年の間に、「Juke (1980年)」、「Ninety Seven Circles (1981年)」、「Sound Track (1982年)」、「Pieces (1982年)」という計4枚のLPアルバムと1枚のシングルを発表し、その間ライヴは僅かに2回行われたのみでバンドは崩壊し、その後、大竹伸朗は美術家として歩みを始めました。その伝説的『JUKE/19』の全作品は90年代に一度 CD BOX としてリイシューされたきりでしたが、遂にヴァイナル再発となりました。すべて特殊な装丁に改められての再発です。

*アートブック「EZMD (1987年)」に付属していたカセットテープも JUKE/19 による音源となっています。1991年にCDとして再発。今回初のLP化。
*2004年に未発表音源がCDリリースされています。こちらも今回初のLP化。

PUZZLE PUNKS

大竹伸朗とボアダムス、ハナタラシ、ネイキッド・シティなどでも知られる ∈Y∋ (Yamatsuka EYE) という、現代美術界から地下音楽界までを軽やかに越境しながら長年に渡り孤軍奮闘している、日本が誇るカルトアイコンふたりによる伝説のバンド。これまで「Budub (1996年)」、「Pipeline: 24 Smash Hits By 24 Puzzle Punk Bands (1996年)」、「Puzzoo (2006年)」、そして2022年に東京国立近代美術館で行われた大規模な個展に合わせ「Puzzpunn」というアルバムをリリース。現在まで4枚のタイトルを発表しています。

JUKE/19 のファースト・アルバム『JUKE/19』

JUKE/19 の4トラック・シングル

JUKE/19 の大傑作セカンド・アルバム『Ninety Seven Circles』

JUKE/19 のサード・アルバム『Pieces』

JUKE/19 の4作目となるアルバム『Soundtrack』

JUKE/19 の5作目となるアルバム『EZMD』

JUKE/19 の2003年に発表した未発表音源集『19/19』

大竹伸朗と ∈Y∋ (Yamatsuka EYE) による伝説のバンド PUZZLE PUNKS (パズルパンクス) を特集した雑誌。ソノシート付き。

*購入可能なアイテムのみ特集しました。当店に掲載の全アイテムについてはこちらになります。